2017年 同朋のつどい

5883F189-C1C8-421A-A300-F22A87CCA9504月10日、行橋市善徳寺において京都組総合研修「同朋のつどい」が開催されました。
ふだんは門徒会・推進員・婦人会・坊守会・育成員(僧侶)と部門ごとに研修会、学習会を開いていますが、「同朋のつどい」は年に一度すべての部門が一同につどって開催するもの。
京都組混声合唱団の仏教讃歌に続いて、各部門からの発表。
そして講演は名古屋教区から祖父江佳乃(そぶえよしの)先生をお招きして“節談”説教のご縁に預かりました。
かつては当たり前だった高座でのお説教。
50年前からは演台と黒板で法話がなされるようになり、お寺で高座を目にする事さえ無くなってきています。
教理的な話も宗教の深さに触れることができます。
また一方で、情緒的なところでもそれに触れることができる。
今の僧侶は教理的な面ばかりに長けてきて、情緒的な面を忘れて来ているのではと気付かされたことでありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中